(1) 避難の歩行速度

・高齢者の自由歩行速度は、1.0m/秒=60m/分とされるが、身体障がい者等の歩行困難者の歩行速度は、0.5m/秒=30m/分に低下するとされている。

・東日本大震災時の津波避難実態調査結果によると、歩行速度は平均38m/分であった。ちなみにクルマは平均150m/分であった。
(国土交通省、http://www.mlit.go.jp/common/000186474.pdf)

・逃げ地図研究プロジェクトチームでは、「高齢者・障害者の道路交通計画」(秋山哲夫ほか『高齢者の住まいと交通』東京都立大学出版会、2001年)に基づき、徒歩移動が困難な高齢者を想定して歩行速度を46m/分とし、さらに山田容三「心拍数から見た山林労働者の心拍数(京都大学和歌山演習林における実験例)に基づき、勾配による歩行速度の低減率を考慮して、最終的に歩行速度を43m/分とした。
(山田容三「心拍数から見た山林労働者の心拍数 (2)京都大学和歌山演習林における実験例」http://ci.nii.ac.jp/naid/120005516062)

(2) 夜間時などの歩行速度の低減

・夜間時は、昼間に比べて避難の歩行速度が低下する。南海トラフ巨大地震の被害想定では、夜間の避難速度は昼間の80%に低下するとしている。
(南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループ第一次報告、2012年8月)

・雨天時や積雪時を想定する場合は、歩行速度の低下を留意する必要がある。

(3) 避難時間の色分け

・避難時間の可視化は、地図に逃げロール(皮ひも)をあてながら、避難目標地点(●)から3分ごとに、緑(3分以内)・黄緑(3〜6分)・黄(6〜9分)・オレンジ(9〜12分)・赤(12〜15分)・茶(15〜18分)・青(18〜21分)・黒(21〜24分)の順に色分けする。

・色塗りにあたっては、緑色を全て塗り終えた後に黄緑色を塗るように、ある色を塗り終えた後で次の色を塗る必要がある。

・災害時要援護者等の避難できる距離や緊急避難場所等までの距離、避難手段等を考慮すると、避難できる最長距離は500m程度を目安にすると、緊急避難場所を増やすなどしてできるだけ赤・茶・青・黒の各色を減らしていく。

・地震時の避難開始時間は、地震発生から2〜5分後とされている。南海トラフ巨大地震の被害想定では、昼間は地震発災5分後、深夜は10分後に避難を開始するとして試算している。
(南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループ第一次報告、2012年8月)