(1) 避難障害地点とは

・避難障害地点とは、災害の危険から避難する際に、通行の危険性の高い橋梁や土砂災害危険箇所等をいう。

・通行の危険性の高い橋梁とは、耐震性の低いものだけでなく、津波の遡上や土石流の流下の可能性が高い位置にある橋梁を指す。

・逃げ地図づくりにあたっては、安全な避難経路を検討するため、想定する災害に応じて、例えば、老朽ブロック塀や老朽家屋の倒壊のおそれのある狭隘道路等、避難の障害となる可能性の高い場所等を地図上で確認して、任意に設定する。

(2) 避難障害地点の設定方法

・津波は、河川や水路に沿って遡上し、河川堤防を越流して浸水するおそれがあることから、橋梁を渡らず避難することが望ましいとされている。そのため、逃げ地図作成ワークショップでは、橋梁を一律、津波避難障害地点としているケースが多い。

・土砂災害については、可及速やかに土砂災害警戒区域の外に避難する必要があることから、避難勧告時以降は、警戒区域外から横断して通行しないように、土砂災害警戒区域の道路を通行禁止とするケースがある。

・地震発生時を想定する場合は、老朽家屋や老朽ブロック塀等の倒壊のおそれのある狭隘道路等を避難障害地点として設定する。

・津波と土砂災害の複合災害を想定する場合は、津波からの避難目標地点のうち、土砂災害危険警戒区域や急傾斜地崩壊危険区域等に指定されている区域の避難目標地点を除いて、逃げ地図を作成する。

避難障害地点の設定例