(1) 避難目標地点とは

・避難目標地点とは、災害の危険から避難するために、避難対象地域の外に定める場所をいう。住民等が設定するもので、とりあえず生命の安全を確保するために避難の目標とする地点をいう。

・避難目標地点は、必ずしも市町村が指定する緊急避難場所とは一致しない場合があることから、下記のとおり、避難対象地域を確認した上で、逃げ地図づくりの目的と照らし合わせ、任意に設定する。

(2) 避難対象地域の確認

・都道府県や市町村が公表しているハザードマップ等をもとにして避難対象地域を確認する。津波からの逃げ地図の場合は、津波浸水(想定)区域を指し、その区域内の道路等に色を塗り分ける。参考までに、総務省消防庁の「市町村における津波避難計画策定指針」では、最大クラスの津波が悪条件下を前提に発生した時の津波浸水想定区域に基づき、市町村が住民等の理解を十分に得た上で避難対象地域を指定するとしている。

・東日本大震災の津波被災地では、東日本大震災時の津波浸水区域を避難対象地域としている市町村が多いことから、逃げ地図も東日本大震災時の津波浸水区域を対象に作成する場合が多い。

・ただし、市町村が公表している津波浸水区域は必ずしも正確ではない場合もあることから、逃げ地図づくりにあたっては、住民にその妥当性をヒアリングすることが望ましい。

(3) 避難目標地点の設定

・逃げ地図作成ワークショップでは、上記の避難対象地域の境界線との交点またはそれよりも高い位置にある路上等を避難目標地点として設定している。

・ただし、逃げ地図作成ワークショップは、緊急避難場所の指定や検証等、目的的に実施することから、津波避難タワーや津波避難ビルのように避難対象地域内の建造物を避難目標地点として設定する場合もある。

・土砂災害からの逃げ地図づくりについては、ハザードマップ等と照らし合わせて、大雨時の緊急避難場所の候補をピックアップしていく。

 

避難目標地点の設定例