(1) 現場点検の重要性

・逃げ地図は、現地の状況を知らない者でも、ハザードマップを読み込み、機械的に色塗りすることにより作成可能である。また、逃げ地図作成を通して、俯瞰的に地域の災害リスクを把握することができる。しかし、重要なことは、現場のリスクに関する認知であり、その状況に応じて必要な改善を図ることである。

・ 作成した逃げ地図を踏まえて、避難経路を歩いて避難目標地点までの歩行時間を計測するとともに、避難目標地点や緊急避難場所等を点検することが重要である。

・現場点検にあたっては、昼間だけでなく、夜間の状況も点検することが望ましい。

(2) 現場での点検結果の記録

・現場での点検結果は、その状況を写真撮影するとともに、その場所を地図上に記し、気がついた点を記述して記録化しておくことが望ましい。

・ 一般に、まち歩きWSの実施後には、用意した地図に気がついた点を記載し、WS参加者の間で共有する。現場点検を実施したら、気がついた点を作成した逃げ地図に上書きして情報を共有することが望ましい。

・「聞き書きマップ」は、身近な地域の安全点検を支援するために開発されたパソコン用の地図づくりソフトである。GPS受信機とICレコーダーとデジタルカメラを持って歩けば、歩いた経路と撮影場所が自動的に記録され、写真を選べば録音した時刻を簡単に検索することが可能である。
「聞き書きマップ」http://evisapo.com/safe-community/kikigaki-map/