(1) 全体の進行管理とファシリテーション

・限られた時間内で逃げ地図づくりワークショップをプログラム通りに進行管理するためには、タイムキーパーになる全体進行係を置く必要がある。

・各班には、逃げ地図づくりの研修を受講した人または過去に逃げ地図づくりを経験したことのある人をファシリテイターとして配置することが望ましい。

参考:逃げ地図づくりワークショップのスタッフの役割分担表

(2) ワークショップの記録

・逃げ地図成果の成果を広く共有するためには、逃げ地図づくりワークショップの記録を残しておく必要がある。写真や動画を撮影する他、発表された意見を記録しておくことが重要である。

・各班で出された意見は、参加者自身が付箋紙に書いて逃げ地図上に記録することが基本であるが、学生ボランティアなどのスタッフを確保できる場合は、各班に記録係をおくことが望ましい。

・各班のファシリテイターが記録係を兼ねることも可能である。