(1)基本的なプログラム

・逃げ地図づくりワークショップの基本的なプログラムは、次の①〜⑤である。このうち、②〜④は複数の班に分かれてグループワークを行う。

① ガイダンス
・逃げ地図づくりの目的とテーマ、逃げ地図の作成方法などについて簡潔に説明する。
・逃げ地図の作成方法の理解を促すため、他地区の事例や動画を見せると良い。

② 避難目標地点と避難障害地点の確認
・用意した地図とハザードマップをよく見ながら、避難目標地点に●印、避難障害地点に×をつける。
・色塗りと意見交換の時間を確保するために、事前に避難目標地点の候補を鉛筆などでチェックしておくと良い。

③ 避難時間と避難方向の図示
・避難目標地点から逆算して3分ごとに緑・黄緑・黄・オレンジ・赤の順に色分けする。
・色分けした地図に、避難目標地点に最も早く到達できる方向の矢印(→)を入れる。

④ 逃げ地図を見て意見交換
・作成した逃げ地図を見て気がついたことなどを意見交換する。
・出された意見は、用意したポストイットにメモ書きして、逃げ地図に貼る。
・あらかじめ意見を出しやすいように、問いを用意しておくと良い。例えば、避難に時間がかかる場所や避難しにくい場所はどこか。災害時要援護者の避難誘導や避難階段整備などの課題は何かなど。

⑤ 成果の発表
・作成した逃げ地図を展示して、得られた成果を発表し合う。
・設定条件の異なる逃げ地図を作成した場合は、色分けの違いなどを比較するとよい。

(2) ワークショップの総時間と時間配分

・逃げ地図を作成する時間は、被災区域の面積や道路の密度に応じて異なるが、これまで各地で行ってきたワークショップを振り返ると、避難目標地点の設定から避難方向の図示までの逃げ地図作成に概ね1時間程度はかかる。

・ガイダンスに20分、発表会に20分、逃げ地図をもとにした話し合い20分をかけるとすると、逃げ地図づくりワークショップは全体で最低2時間必要である。

(3) 事前の逃げ地図の作成

・プログラムの内容や時間配分を点検するため、事前に逃げ地図を作成してみることが望ましい。

・特に、津波以外の災害や複合災害からの逃げ地図づくりは、判断に迷うケースもあるため、事前に作成してみることが重要である。

●参考事例
黒潮町明神地区逃げ地図作成ワークショップ
平成27年10月24日(土)15:15〜17:00 会場:漁民センター
主催:明神地区自主防災組織  後援:黒潮町
協力:明治大学都市計画研究室、子ども安全まちづくりパートナーズほか
プログラム例:黒潮町明神地区逃げ地図作成ワークショップ