(1) 逃げ地図づくりはリスク・コミュニケーションの手段

・逃げ地図ワークショップの成果として、色の塗られた逃げ地図ができあがるが、地図の作成それ自体が目的ではなく、あくまでもリスクコミニケーションの手段である。

・リスク・コミュニケーションとは、リスクに関する正確な情報を関係主体間で共有し、相互に意思疎通を図ることをいう。

・逃げ地図ワークショップの開催にあたっては、何のために逃げ地図をつくるのか、主催者の間で確認することが重要である。

(2) ワークショップ開催の目的

・逃げ地図ワークショップの開催の目的は、次のようなものが挙げられる。

① 住民等の防災意識の啓発
ハザードマップを見て防災について話し合う機会を創出するために開催する。

② 避難に関する課題の抽出
避難場所・避難経路の検討をはじめ、徒歩による避難、要援護者の避難など、避難に関する課題を抽出するために開催する。

(事例)
・陸前高田市小友町では、車を使った避難に関する課題を具体的に把握するため、車による避難と徒歩による避難の2グループに分かれて逃げ地図を作成し、交差点における消防団による避難誘導方法、避難経路を表示する標識の設置等の課題を抽出した。

陸前高田市小友町で作成した逃げ地図
(左図:車で避難可能、右図:徒歩のみ避難可能)

③ 避難場所の検証
市町村などが指定した避難場所が適切な位置にあるかを検証するために開催する。

(事例)
・下田市旧市街地では、指定した津波避難ビルの位置とそれによる避難時間の短縮効果を検証するため、高台にのみ避難するグループと津波避難ビルへの避難も可とするグループに分かれて逃げ地図を作成し、交差点における消防団による避難誘導方法、避難経路を表示する標識の設置等の課題を抽出した。

④ 避難経路の検証
避難場所に至る避難経路の安全性や避難時間が最短の避難経路を検証するために開催する。

⑤ 避難計画の立案
避難場所の指定や避難経路の整備、避難訓練、要援護者の避難方法などを定める避難計画を立案するために開催する。

⑥ 地区防災計画の立案
地区独自の避難計画などを市町村の地域防災計画において位置づけた地区防災計画を立案するために開催する。